どうしても20万円が必要となっても、即日お金を作るのは大変なことです。

あなたも簡単ではないというふうに思っているかもしれませんが、あえて言わせていただくと20万円というお金をつくることは不可能ではありません。

無職でもそんな方法を見つけることができる人だっています。

大黒柱である主人が働くことができなくなり無職に

主人が働けなくなり、月末になると毎日の生活費が足りませんでした。

  • 月末支払い分のカード払いがとどこおってしまいました
  • 支払いが遅れればカードも止まり、現金もないので買い物ができません
  • 食べるものがなくなりました

毎月リボ払いに頼って少しでも返済していかなければいけない気持ちと、それでも現金を払ってしまえば町内会などの集金の際など万が一の時に支払いができず、まいにち不安でいっぱいでした。

リボ払いも毎月少しずつしか弁済できないので、増え続けるることはないにしろほとんど減らず、いつまで弁済し続けなければいけないのだろうと思うと明細をみるのが怖かったです。

わたしの実家に帰省したりしたくても新幹線など乗るお金がないので情けない気持ちでした。

借金をすることに抵抗はあったが、借りてみたら印象が変わった

金利の安いところからお金を借りられたので、お金のことだけに関していけば比較的安心して過ごせるようになりました。

それまでがお金のことで夫とケンカをしたりすることも多かったので、それが少なくなり、以前より穏やかに暮らせているとおもいます。

知り合いのツテでフィナンシャルアドバイザーの方からお金に関する無料相談を受けたので、家計簿をつけたり節約するようになりました。

そうしないと借金も返せないので、必然的にです。

カードは限度額まで使ってしまっているし、主人の収入とわたしの少しの収入ではな食べていけないため、年金生活をしている父と母に泣きつくしかなかったと思います。

両親も余裕のある生活をしているわけではないので、おそらく断られたでしよわう。そしたら食べるものもなく、家賃も払えなくなるため、露頭に迷っていたと思います。

生活保護も視野に入れて考えたこともありましたが、家賃が払えず家がないと保護を受けることもできないそうなので、死ぬしかなかったかもしれません。

サラリーマン金融などから借りれば一生返せず取り立てが来るとおもっていました。

借りるところをきちんと選ぶことで不安が解消されたので借金をして生きていくとい選択を取りました。後悔はしていません。

リボ払いから逃れるための選択

リボ払いで首が回らない状態だったので、リボよりも金利の少ないところから借りられればと思い、借金を決めました。自己破産か野垂れ死ぬかという選択肢だったので、金利が減って返しやすくなれば御の字と思いました。

実際、知り合いに相談して金利などのことを知るまではお金に無頓着だったので恥ずかしい限りです。

うまく考えて借金をすればそこまですごく得をしたり借金が無くならなくても損をすることはないので、と思い思い切りました。

その結果、時間はかかりますが返す目処がたちました。

今まで闇雲にお金を使い、返せる分だけをリボで返すような無茶をしていたことを恥ずかしくおもっています。

それと、フィナンシャルプランナーの方を紹介してくれた知り合いがいるので、大変感謝しつつ、1人で悩まずに誰かに相談することは大切なことだと実感しました。

お金に関する相談は恥ずかしいこともありますが、もうどうにもならないとおもったら相談して何かしらの案をもらうことで大変気が楽になりました。

借金によって助けられた生活と今後の返済

ひとりで悩まないで、ということです。もちろん知り合いからお金を用立ててもらうという意味ではなく、詳しい人が身近にいればいい案を一緒に考えてくれると思います。

借金の返済自体は苦しいですが、自暴自棄にならないで生きていてこそだとおもっています。

家族や友人知人に相談できなければ役所などの専門の機関に相談するなどいろいろな方法があります。

お金は使ってこそですが、お金に翻弄されるのではなくうまく付き合っていくのがいいのではないでしょうか。

また、借金をしたことでこれまでの暮らしに比べたら断然マシになったとおもっています。

それだけではなく、モチベーションを持たなくても入ったお金は自動的に一部を返済に充てるなど工夫するようにしています。

どうしてもモチベーションが下がってカツカツの生活が嫌になったら、500円くらいのぜいたくをするようにしています。

銭湯に行くとか、お菓子を買うとかその程度ですが。

返済に充てるお金と生活娯楽に充てるお金を決めておくことで、無理な返済をしている意識がなくなるので、お金がない入ったらきちんと仕分けるというのは大事だと思います。